このサイトを見ている方々は、株での利益はもちろんですが
やはり株を持って優待を得たいという方が多いのではないでしょうか。

株の取引では、株価は常に上下し、そこで利益、損が決まりますが
優待投資をしていて怖いのが権利確定日翌日の株価下落してしまうという
いわゆる「権利落ち」というものです。
優待を手に入れられても株で損をしてしまっては本末転倒です。

いずれにしても優待を狙っている方にとっては損した気分になってしまうということでしょう。

そこでここでは優待取引をされる方にクロス取引という方法をご紹介したいと思います。
クロス取引を利用すると権利落ちの下落を回避しながら優待を獲得することが可能になります。

クロス取引とは権利付き最終日に現物を買って、同時に空売りをするという方法です。
クロス取引ではこうすることによって配当金を受け取ることはできませんが、株主優待を受け取ることができるのです。

注意事項としましては信用取引を行うためには、担保となる代用有価証券や現金を準備しておく必要があることと、信用取引で「売り」から入れない銘柄については
クロス取引はできないので事前に「制度信用」で「貸借銘柄」となっている銘柄であることを確認しておくとよいでしょう。

どの銘柄が信用取引で「売り」ができるを確認するのにはSBI証券を利用すると分かりやすいです。
SBI証券では、優待検索の結果画面で制度信用の売りが可能かどうかを一覧で確認できるようになっていますのでぜひご活用ください。

SBI証券はこちらから

楽天市場 4時間限定タイムセール