優待株と利回りを狙ってみる。

2013.10.09

株の取引は常に、上下を行い不安定なものです。
株の取引を常に値上がりを期待し、見張り一刻一刻にピリピリしているよりも
中には、安定した利回りや配当収入をコンスタントに稼いでいこうという
投資家も出てきています。

どのような企業の株が条件としてよいのかというと
配当と株主優待換算額の利回りが高い銘柄になります。

配当利回りと優待換算利回り(優待内容を金額換算した額÷優待を取得できる最低投資金額)の合計が
おおむね6%以上で、かつ自己資本比率50%以上、また近年の経営も安定している企業であれば
充分利回りや配当収入を狙った投資先としては、当てはまると考えられます。

また各企業に大きく投資を行うのではなく、最低投資金額からでも、小分けに多くの企業に
投資をするほうがリスク分散としても理想でしょう。

また利回りだけでなく、当サイトでピックアップしている優待株は
優待狙いの投資家も多く安定性がある。

また利回りで考えても、株である以上は銀行ほど安定はしないものの
銀行の預金との利回りを比較すると、かなりの差があるのです。

銀行の金利は、定期預金で300万円未満を1年間預けても、わずか0.025%しかありません。
大メガバンクの場合。ちなみに10年預けても0.1%程度
それに比べて株での企業の配当利回りは1%以上はざらにあります。

当サイトでも配当ランキングを儲けておりますので
是非一度高配当の企業を見てみてください。

このような株を安定した資産運用に活用するという
方も増えており、そこに各社からの様々な優待もうまく活用することで、利益を得ています。

株は単に上げさげだけではないこのような活用方法もあります。


楽天市場 4時間限定タイムセール