株式優待と株を始める資金

2013.10.06



株で資産運用をしたり、大きな利益を上げている方々もいるなかで
昨今では当サイトで取り上げている、株主優待などを手に入れるために
株を始めるようなプチトレーダーも多くみられるようになりました。

しかし株主優待を手に入れるために、数十万~なんて資金を用意するのも
なんだか気が引けてしまうことでしょう。

そこで、株主優待を得るために、まず株主になる!
株主デビューするには最低いくらくらいあれば足りるのかを
解説したいと思います。

まずは株を買う。

株価などを見て1株500円、などとみると
じゃあ私も10株くらい買ってみようかな、なんて思ったりしている方も
いるかもしれませんが


実は株式には株を取引できる単位にあたる「単元」という単位の取り決めがあります。
こちらは企業ごとに違うのですが、株主優待を儲けている多くの企業は
100株か1000株くらいに設定されているのも多いです。

例としまして、1株500円の株価の企業の株を買いたいとして
1単元が1000株であれば、1000株~の取引になり
最低でも、50万円は株を買わなければならないということになります。

まずは自分でどの程度の予算で始められるかは
企業の株価も大切ですが、この単元にも注意しましょう。
中には1株から取引可能な企業もあります。

次にならば50万円用意したら、ついに株主に!・・・
とはならないもので、株を買うお金を用意したら
次にかかるお金は取引手数料です。

株式を売買する際には、「売る」場合にも「買う場合」のいずれにも
手数料がかかります。

そこまで大きな金額ではありませんが
例えば手数料が500円だったとして、株を買って売ると1000円の手数料が
かかる計算になります。

手数料は取引する金額にもよりますが、ネット証券では大体200円~300円程度が
各社の相場といったところではないでしょうか。


楽天市場 4時間限定タイムセール